イベント案内

郵便局長会との災害ボランティア協定式が行われました

9月14日(月)に大潟村ふれあい健康館において、秋田中部地区郵便局長課会と男鹿市、潟上市、南秋田郡地区の社会福祉協議会とが災害等のボランティア確保の連携・協力に関する協定の締結式が行われました。

趣旨および協定書の概要

 近年、地震、台風、豪雨などの自然災害が毎年のように全国のどこかで発生し、家屋の倒壊、床上浸水などの被害により住民の日常生活に甚大な影響をおよぼしております。
 このような状況において、災害ボランティアは被災された方の支援に大きな力を発揮し、被災地の生活の復興、復旧の一助を担っております。
 男鹿市、潟上市、南秋田郡の一部地域においても平成30年5月18日の大雨により一部家屋の床上浸水があり、ボランティアセンター設置までには至りませんが、ボランティアの協力のもとに支援をしております。近年の気候変動により、いつ何時大きな災害が起こるとも限らないと思われます。
 また、今般のコロナ禍において、県外からのボランティア受け入れができない状況の中、秋田県内においてボランティアの必要性を広く周知し、必要なボランティアの確保をすることが喫緊の課題となっております。
 本協定は、男鹿市・潟上市・南秋田郡地区の社会福祉協議会が設置する災害ボランティアセンターから秋田県中部地区郵便局長会へボランティア募集の情報を提供し、中部地区69郵便局長へ情報を周知し、迅速にボランティアを確保する体制を構築することとなっております。
 また、男鹿市・潟上市・南秋田郡地区の社会福祉協議会と秋田県中部地区郵便局長会と災害時に必要な事項を協議して、連携、協力していくこととしております。